資料に見る歴史の複雑さ

米国公文書館では、連邦情報公開法にもとづいて、登録手続きさえ行えば誰でも公文書を閲覧することが可能です。ただ、全ての文書が公開されているというわけではなく、現行の軍事技術や外交にかかわる機密事項として認識された場合には、非公開として指定されています。例えば、日本占領時代の米国政府高官に関する史料では、夥しい数の報告書や書簡が1991年付けで抜き出されていました。しかしながら、第二次世界大戦中、米国の一般市民の目にさえ触れることのなかった軍事文書も、日本人の私が直接この手にとって見ることができる、その小さな現状に、大きな歴史の流れを感じます。

 

原爆の投下ターゲットの決定に関する報告書を手にした時、そのターゲット一覧に尼崎や大阪という文字を発見し驚きました。投下ターゲット決定の経緯について、連合軍捕虜キャンプの有無が最も重要視されていた旨を示唆する報告書もあり、その決定に人道的な配慮がなされていたとする従来の見地と矛盾しうる事実に、史実の複雑さを改めて目の当たりにしました。さらに、1945年7月の時点では、広島・長崎に引き続き、12月までに合計10発あまりの原爆投下が計画されていたと同時に、終戦間際まで各地で爆撃が継続され、九州、東京経由での大規模な上陸戦線が計画されていたという史料を通じて、私自身の第二次世界大戦に関する歴史観が変化するきっかけになりました。

 

政府高官や対外政策関連の史料では、ベルギー、スウェーデンを始めとする複数国が、資源提供という面で、大きく第二次世界大戦に関わっていることが明らかになり、この大戦がいかに大規模なものであったかという事実を改めて認識しました。政策や政治を見据えた観点から作成された報告書では、そこに人間の温かさを感じるものは少なく、自国の兵士ですら一塊の手段以外の何物でもないかのような、冷たく平坦な印象を受ける内容のものがほとんどです。あまりにも大きな歴史の流れの中で、一人の人間の声もいのちも、一国の政治や政策の大きな波間にかき消されてしまうような、どんよりとした無力感と焦燥感を感じたこともありました。

 

そのような中に、戦後の米国による沖縄占領体制について、米国市民個人が政府高官に宛てた手紙を2通見つけました。一通は、米国軍部による沖縄の支配体制が、全体支配体制に通じる可能性があるとして、沖縄市民の民主的権利に基づいた米国軍部の姿勢を問うもので、もう一通は、沖縄返還を訴える17歳の日本人の少女からの手紙を提示して、「ここに、日本国民の声が反映されているのではないでしょうか」と、沖縄返還を訴える内容でした。また、筆書きの抗議文に出会いました。福岡県沖縄基地取り上げ反対県民大会の代表が、沖縄返還を訴えるべくアイゼンハワー大統領に宛てたものでした。国という単位で記録された歴史的事実、個人レベルでの体験としての歴史的事実、さまざまな側面から包括的に史実を把握する必要を感じました。

 

先日、日本兵捕虜の尋問記録に目を通しました。食料不足で2週間何も口にすることができなかった神戸出身のこの日本兵は、22歳。拘留当時、極度の栄養失調だったと記録されていました。その日本兵は、自分の尋問記録が、将来、日本人によってアメリカで閲覧されることなど、考えにも及ばなかったことでしょう。時を超えて、自分の健康状態や身の安全を祈る人間が存在することなど、考えにも及ばなかったことでしょう。

 

時空のコチラ側から、史料調査を通じて個々のいのちの形跡を辿る作業は、あまりにも漠然としていて、自分の内にある『日本人性』に触れざるを得ないような気がします。(MT)

 

捕虜関連資料を読んで

ニチマイの一員として米国公文書館で仕事を始めて、約一ヶ月が経ちました。資料調査のお手伝いなども始めて、いくつかの資料に目を通すことができました。そのうちの一つは、太平洋戦争の際に米国の捕虜となった日本人の捕虜リストです。

 

その中で特に印象に残っているのは、沖縄県出身の少年でした。 16歳の時に沖縄で捕らえられハワイの収容所にいたようです。写真も保存されていて、まだ少年というか子どものように写っていました。当時のことで今の時代の日本人とは体格が違い、身長157センチ、体重47キロで体も小さい少年でした。いったい、捕らえられてその後どうなったのでしょうか? あまりに若いこと、写真の幼い印象が重なって心配になってしまいましたが、調査を進めていくうちに、その少年が無事に家族の元に戻ることができた、ということが分かりほっと胸をなでおろしました。

そのいきさつが少し妙なのですが、少年の家族はハワイのホノルル在住、でも少年は沖縄生まれで現住所も沖縄であると言っていたそうです。 少年がハワイの収容所にいた時に、ホノルルの家族が少年に会いに来ていた、という記録もありました。 どういう経緯でそうなったのかは知ることができませんでしたが、どうも少年が生れて4年後にホノルルの移民局で米国市民権を取得した、ということが判明し家族の元に戻されたようです。 

 

もう一人、気になった人がいるので少し紹介してみたいと思います。 収容所で、米兵にさからったり言うことを聞かなかったりして、罰せられた記録も資料の中にはあります。 この人はどうも不器用だったのでしょうか、食事の下ごしらえのためじゃがいもを切っていたところ、そのじゃがいものいくつかを床に落としてしまったらしいです。 しかも何度か同じようなことをしているようで、食べ物を粗末にしたという理由で罰せられ、その罰は3日間パンと水のみ、ということ。自分もとても不器用なので、もし戦争で米軍の捕虜となっていたら、この人と同じ目にあうのが明らかです。 平和な時代に過ごせて良かったなあ、とつくづく思います。(MU)

 

兵士の埋葬情報

1945年当時フィリピンには米軍によって作られた敵兵の墓地がいくつか存在していました。その中に1945年7月7日に設立されたCanlubang Prisoner of War Cemetery #1という、かなりの人数の日本兵が埋葬された墓地がありました。ほかの墓地に埋葬されていた日本兵もそこに移され、この墓地に再埋葬されたようです。1948年になり、そこの墓地に埋められた日本兵の遺骨は日本へ返還されるために掘り起こされました。下の写真はその時の掘り起こし作業の様子です。

 

FINAL HISTORY REPORT OF CANLUBANG PRISONER OF WAR CEMETERY #1; RECORD OF GENERAL HQ, FAR EAST COMMAND, SUPREME COMMANDER ALLIED POWERS, AND UNITED, AND UNITED NATIONS COMMAND, Record Group 554; National Archives at College Park, College Park, MD


一番最初の写真が作業が始まる前の写真になります。墓標が立てられ、きちんと計画されて埋葬されていたようです。堀り起こされた遺骨はほかの遺骨と混合しないように一体一体何かで包まれたようです。ここに載せた写真以外にもまだ写真があり、丁寧に一体一体が扱われていたように感じました。

 

また、先日見たNARAの資料にコピー用紙の半分ぐらいの大きさの米軍の埋葬書がありました。表側は氏名、死亡場所、死亡日、死亡原因、埋葬場所、そして両隣に誰が埋葬されているのかが記載されています。裏面には亡くなった人が身元不明だった場合のための、両手の指紋を押す場所、身長、体重、目の色、髪の毛の色、人種などを書き込む箇所があります。あまり気にも留めずにその資料を見ていましたが、ある1枚の埋葬書に目が留まりました。それは1944年8月に戦死した米兵の埋葬書でした。裏面には指紋を押す場所に両手がないので指紋をとることが無理なこと、目の色を書き込む欄には顔がないことが書かれてありました。

 

第2次世界大戦では日本もアメリカも多大な犠牲者を出しました。私が見たのは墓地の写真とごくごく一部の埋葬書ですが、これらの資料からそのことを改めて実感しました。(NM)

 

中島飛行機武蔵野製作所

私の通った高校は東京都武蔵野市北部にあり、「はらっぱむさしの」と呼ばれる広大な公園に隣接しています。出身高校は戦後飛行機工場の跡地に建てられ、工場は太平洋戦争時に空襲を受けたという話は聞いたことがありましたが、さほど気にとめることがなく、テニスに明け暮れたのどかで平和な三年間を過ごしました。

 

現在米国公文書館において調査をするようになり、たくさんの日本関係資料があることに毎日新鮮な驚きを持って取り組んでいます。ふと、この飛行機工場のことを思い出し、もしかすると公文書館に資料があるかもしれないと検索を始めました。データベースで調べると、数件の該当資料がありました。

 

この工場は、戦前の大会社である航空メーカーの中島飛行機が所有する武蔵野製作所でした。武蔵野製作所では、主にエンジンを製作していました。米軍の攻撃ターゲットとなり、公文書館には、米陸軍航空軍による爆撃報告記録が残っています。

 

1945年2月21日の記録によると、米陸軍航空軍第497爆撃航空軍が武蔵野製作所をターゲット357という番号をつけ、第一攻撃目標地としました。(下記の航空写真の左側真ん中には、357という数字が書かれています。)しかし、天候不順のため、第一攻撃目標地を回避し、第二攻撃地として東京の橋、建物と定め、東京の荒川の南部を攻撃し、化学肥料会社に損害を与えたことが書かれています。爆撃報告記録には、計画された飛行編成、爆撃機それぞれの攻撃情報、離陸時の順番など詳細な情報が残されています。

 

“Tokyo Area Nakajima Aircraft, Musashino Plant”; 500 BG Consolidated Mission Report 26, February 19, 1946; Records of the Army Air Forces, Record Group 18; National Archives at College Park, College Park, MD. 1945年2月の中島飛行機武蔵野製作所の航空写真。米国国立公文書館所蔵。

 


Mission Report 26, Nakajima A/C Engine Works Musashino Plant, Tokyo, Feb. 19, 1945; 497th Bomb Group, Records of the Army Air Forces, Record Group 18; National Archives at College Park, College Park, MD. 1945年2月19日東京中島飛行機製作所爆撃に関する任務報告書表紙。米国国立公文書館所蔵。

 


また、戦後米軍は日本全国において空襲の効果を調査しましたが、報告書の中に中島飛行機武蔵野製作所の記録も含まれています。写真を見ると、いかに空襲が凄まじいものであったのかということが伝わってきます。

(Source of the two pictures above) IV-C Nakajima Aircraft Company Ltd Musashino Plant Photographs; 17-9-12 WorkSheets – Nakajima Aircraft Company.LTD (Musashino Plant); Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Record Group 243; National Archives at College Park, College Park, MD. 1945年2月の中島飛行機武蔵野製作所の航空写真。米国国立公文書館所蔵。

 


中島飛行機武蔵野製作所に対する空襲は幾度にもおよび、200名ほどの方が亡くなられました。1現在、製作所の跡地では、昔の私のように高校生が青春を謳歌し、週末は広い公園に家族連れが賑わう平和そのものの光景が広がっています。しかし、六十数年前に同じ場所において、綿密な計画により米軍の空襲があり、甚大な被害をもたらしたことを米国の資料は語っており、そのことを覚えていきたいです。(HK)

 

1. 総務省一般戦災ホームページより 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/virtual/memorialsite/tokyo_nishitokyo_city001/index.html

US Navy Seabee Museum (米海軍設営隊博物館)

太平洋戦争中、米軍は太平洋の島々に次々と上陸し、日本軍との戦いを続けながらも、同時に日本軍が使用していた飛行場を制圧し、飛行場の整備や道路の建設を担い、その後の重要な米軍戦略基地としての基礎を作りました。戦時中の各地の米軍基地はどのような建設過程を経ていたのか、戦後はそうした基地はどのように利用されたのかといったことを探っていくには、それらの建設作業を担った海軍設営隊の資料を読んでいかなくてはなりません。

 

しかしながら、そうした海軍設営隊の資料は残念ながら、第2次世界大戦関係だけでも膨大な資料を誇る、メリーランド州カレッジパークの米国公文書館にはほとんど存在していません。それらのまとまった資料を見るには、カリフォルニア州のポート・ヒューニーメ市にある米海軍設営隊博物館兼資料館(US Navy Seabee Museum)まで行くことが必要です。このシービー(Seabee)とは、設営隊(Construction Battalion)の省略であるCBからきていますが、同時に蜂(Bee)のように働きものであるが故に海の蜂(Seabee)と言われるようになりました。

This photograph was taken by the author on February 6, 2012.
This photograph was taken by the author on February 6, 2012.

この博物館及び資料館は、海軍設営隊基地に隣接しており、ロサンジェルス国際空港から車で約1時間半北上したところにあります。博物館館内は開館している限りいつでも自由に入ることができますが、資料の閲覧はアーキビストと事前に予約を取らないと閲覧ができないことになっています。

 

真珠湾攻撃翌年の1942年、カリフォルニアのこの地に海軍設営隊基地が建設され、太平洋戦争中の膨大かつ様々な軍事機器や物資を太平洋各地に輸送することにおいて中心的な役割を果たしました。また、“俺たちは建設し、戦う”(We Build, We Fight)をモットーとし、この設営隊は太平洋各地の戦闘をになった上陸主力部隊とともに上陸し、激しい戦闘の中で彼らも多くの犠牲を出しながらも飛行場他米軍施設建設を必死に行ないました。

 

設営隊の調査を行なう場合、下記の公式サイトが参考になると思います。http://www.history.navy.mil/museums/seabee_museum.htm

 

このサイトの中には各旅団(Brigade)、連隊(Regiment)、大隊(Battalion) の各部隊の概要がそれぞれ掲載されており、こうした各部隊の情報も実際に調査に行く前に目を通しておくとよいと思います。また、アーキビストに連絡をすれば、各部隊の資料に関する目録(ファインデングエイド)を送ってくれるようになっています。

 

今年は発足70周年ということでスライドや写真を載せている海軍設営隊の公式サイトの内容が充実しており、参考になります。http://www.seabee.navy.mil/ (YN)

 

資料保管室

米国国立公文書館(以下、公文書館と記します)には膨大な資料が保管されています。90億ページにも及ぶ文書、7百万の地図・チャート・図、2千万以上の写真、36万の映像フィルムと、11万のビデオテープがあるとパンフレットに書かれています。過去には国家機密となった資料も、機密事項が解かれ、公文書館で公開されると、誰でも請求すればアクセスできるようになります。最近では、公文書館が「ペンタゴンペーパーズ」と呼ばれる、ベトナム戦争に関する米国政府の極秘資料を公開し、話題となりました。http://www.archives.gov/research/pentagon-papers/

 

ただ、公文書館における全ての資料にアクセスできる訳ではありません。膨大な数の中でも、特に貴重とされる資料は保管室で保存され、一般には公開不可能の資料も存在します。職員に聞いたところ、日本に開国要求したマシュー・ペリー提督の遠征日記や、ジョン・F・ケネディ大統領暗殺時のライフルやジャッキー・ケネディ夫人の着ていた血のついたドレスが保管室にあるそうです。保管室は、書類が湿気で痛むことのないように一定の温度が保たれ、また火事への対処も万全です。保管室に入ることが出来るのは、公文書館の中でも極限られた上級職職員のみであり、そのドアのアクセスコードも頻繁に変えられ、入るためには何重もの手順を踏まなければならないそうです。

 

この保管室にある資料の一つに、日本の降伏文書があります。1945年9月2日、戦艦ミズーリ号上における降伏文書調印式で、日本側代表の重光葵外相、梅津美治郎参謀総長によって署名された文書です。下記の公文書館のサイトでその一部を見ることができます。

http://www.archives.gov/exhibits/featured_documents/japanese_surrender_document/

 

歴史調査に携わっている者として原文を見たいという思いもあります。しかし公開されてしまうと資料が痛んでしまうことを考えると、貴重な資料は今のまま大切に保存され、未来の世代に引き継がれていくことが最も大切なのだと納得しています。(HK)

 

(公文書館主催のツアーでは、書庫の一部を見ることが出来、貴重資料の保管室前までは行くことができます。ツアーについては下記のサイトに情報が載っています。)

http://www.archives.gov/dc-metro/visit/tours-college-park.html